はじめに
ポテトハーベスタによる馬鈴薯収穫では機上での選別が大変重労働であり、収穫作業の能率を左右します。馬鈴薯と一緒に掘り上がってくる石や土塊の量が少なくなれば機上選別の負担が軽減され、収穫速度をアップできます。
 そんな収穫の障害となる石を処理する栽培技術がイギリスで開発され、生産量を飛躍的に伸ばしてきた歴史がありました。
 馬鈴薯新栽培システムとは

 十勝での馬鈴薯栽培は石との戦いと言って過言ではないほど石に苦しめられてきた歴史があります。

 イギリスの耕地は石を多く含む畑が多く、馬鈴薯など根菜類の栽培には不利とされてきました。

 畑の中の石は栽培や収穫の障害となりますが、その問題を解決する画期的な栽培技術がイギリスで開発され、収穫量を飛躍的に伸ばしましたました。

 播種床造成作業である砕土や整地と平行して播種床から石や土塊を除去する技術でソイルコンディショニング(またはソイルプレパレーション、デストニング)と呼ばれ、イギリスを中心にヨーロッパ各地で行われています。この技術の画期的な点は、『栽培床から栽培や収穫の障害になる石を事前に処理する』ことと、『除去した石は畦間に置き、ほ場より取り出さない』ことです。

馬鈴薯新栽培システムで目指すこと
  • 邪魔な石・土塊を除去することによって
    • 収穫時、馬鈴薯にダメージを与えない
    • 選別作業者の負荷を軽減
  • 十分な生育環境が整う
    • 塊茎の生長が均一になる
    • 塊茎の緑化が大幅に減少する
    • 塊茎の変形が大幅に減少する
  • 省人化を達成できる
    • 肥培管理を簡素化できる
    • 収穫調製作業